top of page

【Google広告】キーワード挿入機能とは?

【Google広告】キーワード挿入機能とは?

公開日:

2023.05.08



こんにちは。ゴールデンウイークいかがお過ごしでしたでしょうか?

どの行楽地も混雑して皆さん多くの人が外出しておりましたね!


さて、広告マーケティングに従事される皆様に質問です。

日々Google検索広告を運用していて、登録したキーワードの内容によって広告文を動的に変更できたらいいなと思いませんか?


そんな時に便利なのが、Google広告のキーワード挿入機能です!


今回キーワード挿入機能の説明を簡単にまとめてみましたので、参考になりましたら幸いです。

※Yahoo!検索広告でも同様の機能「キーワードの自動挿入機能」がありますが、今回はGoogleのみの内容となっています。



キーワード挿入機能とは、ユーザーの検索語句によって広告グループ内のキーワードが見出し・説明文に追加される機能のことをいいます。

取り扱っている商品やサービスに関連する情報を検索しているユーザーに、よりダイレクトに検索に近い広告を表示できるため、以下のようなケースで有効です。


  • 同じ商品の種類や型番が多いECサイト

  • サービスの内容やエリア名など、キーワードが多い不動産系サイト


メリットとしては、ユーザーの検索語句に応じて広告文を動的に変更できるため、広告の関連性・利便性を高めることが挙げられます。

似た機能として、広告カスタマイザがあります。


キーワード挿入機能は設定が簡単ですが、登録キーワードがそのまま広告文に表示されるため、正直広告の柔軟性は低いです。

一方で広告カスタマイザは、広告文を任意のキーワードに置き換えることが可能であるため柔軟性は高いですが、設定に少々時間がかかります。

柔軟に広告文を変更したい場合は【広告カスタマイザ】、手短に配信を行いたい場合は【キーワード挿入機能】がおすすめです。


 

クリック率改善や品質スコアの向上も期待できるため、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

ただ実際のキーワードを挿入した際に広告文として成立しない場合考えられるので、設定した際にはキーワードとの兼ね合いにも注意が必要です。

成果改善が勿論大切ですが、作業の効率アップも重要です!

マーケティング成功への近道.png
無料個別相談会.png
サービスの特徴.png

人気記事TOP5

2.png
3.png
4.png
5.png

最適化スコアとは?

【最新NEWS】Google広告への生成AI活用を発表

【広告効果絶大?】皆さんLINE広告はじめていますか?

Web広告のメリット デメリット

LPOとは?ツールと活用方法のご紹介

新着記事
LPOとは?ツールと活用方法のご紹介
ファインド広告とディスプレイ広告の違いとは?
Googleトレンドとは?キーワードプランナーとの違い?基本的な使い方から見方を解説!
​おすすめ記事
SEOとリスティング広告の違いを解説します
オーディエンスソリューションを分かりやすく解説します!
Web広告のメリット デメリット
レスポンシブ検索広告の特徴と活用方法
アプリ広告について解説!
キャンペーンタイプとその特徴
マーケティング成功への近道.png
無料個別相談会.png
サービスの特徴.png
web集客バナー.png
bottom of page