top of page

【最新NEWS】類似オーディエンスセグメントを廃止へ

【最新NEWS】類似オーディエンスセグメントを廃止へ

公開日:

2023.07.19

Googleは、2023年に類似オーディエンスセグメントのサポートを廃止すると発表しました。

本記事ではその概要について紹介します。


サポート廃止のスケジュールについて

  • 2023年5月1日~:類似オーディエンスセグメントの生成を停止

  • 2023年8月1日~:全ての広告グループとキャンペーンから類似オーディエンスセグメントを削除

2023年8月1日を過ぎると、全てのセグメントが広告グループとキャンペーンから削除されます。

しかし過去のキャンペーンの類似セグメントを設定したものについては、引き続き過去のレポートで確認可能のようです。


サポート終了後の対応について


今回の廃止になる背景について、サードパーティCookie規制の影響を受けるためとされています。

Google社は今回の発表において、サードパーティCookieの廃止により、プライバシーに対する人々の期待に応えられるようにするとしています。

類似オーディエンスセグメントの代替機能として示されているのが、以下の3つです。

  • 最適化されたターゲティング

  • オーディエンス拡張

  • スマート自動入札

それぞれの機能の特徴について説明します。


最適化されたターゲティング

最適化されたターゲティングを使用することで、キャンペーンの目標に基づき、コンバージョンに至る可能性が高い新規ユーザーにリーチすることができます。

さらに、これまで逃していた可能性のあるオーディエンス セグメントを取り込んでキャンペーンの成果を向上させることが可能です。


オーディエンス拡張機能

キャンペーンの目標に基づき、より多くユーザーに効率的なリーチが可能です。

広告主のビジネスにとって重要なユーザーへのリーチが自動的に拡大されるため、Google広告おけるマーケティング目標の達成がさらに促進されると期待しています。


スマート自動入札

スマート自動入札は、自動入札戦略の一つでコンバージョン数やコンバージョン値の最適化が可能です。

機械学習を使用し全てのキャンペーンのデータに基づいて最適化が行われるため、新しいキャンペーンの場合でも掲載結果が向上するという特長があります。



 

今回は、Google広告の類似オーディエンスセグメントのサポート廃止について概要をお伝えしました。 ぜひご活用ください。

マーケティング成功への近道.png
無料個別相談会.png
サービスの特徴.png

人気記事TOP5

2.png
3.png
4.png
5.png

最適化スコアとは?

【最新NEWS】Google広告への生成AI活用を発表

【広告効果絶大?】皆さんLINE広告はじめていますか?

Web広告のメリット デメリット

LPOとは?ツールと活用方法のご紹介

新着記事
LPOとは?ツールと活用方法のご紹介
ファインド広告とディスプレイ広告の違いとは?
Googleトレンドとは?キーワードプランナーとの違い?基本的な使い方から見方を解説!
​おすすめ記事
SEOとリスティング広告の違いを解説します
オーディエンスソリューションを分かりやすく解説します!
Web広告のメリット デメリット
レスポンシブ検索広告の特徴と活用方法
アプリ広告について解説!
キャンペーンタイプとその特徴
マーケティング成功への近道.png
無料個別相談会.png
サービスの特徴.png
web集客バナー.png
bottom of page