top of page
< Back

Youtube広告!種類豊富な広告手法を紹介

2023.06.09

YouTube(ユーチューブ)はGoogleが提供する動画配信サービスです。

YouTube広告は企業や団体から依頼されたサービスや商品の販売や契約、お問い合わせや集客に導く目的で動画の前後や中間に流す広告です。


今回はYoutube広告について深堀していきます。


アウトストリーム広告

これは、「Google動画パートナー」のアプリやWebサイトにて配信される広告です。

YouTubeで配信される広告ではありません。

広告動画の時間は6秒から30秒です。

再生ボタンをタップすることで動画がスタートします。

再生時間2秒以上にて広告料金が発生する形です。


インストリーム広告

YouTubeの動画内にて配信される動画広告です。

次のいずれかのタイミングにて提供されます。

  • 動画の再生開始直前

  • 動画の再生中

  • 動画の再生完了後

ユーザーがスキップができるタイプと、スキップができないタイプが存在します。

最低でも5秒間は視聴してもらえます。


バンパー広告

最大6秒間の動画広告です。

YouTubeの動画内で配信できます。

ユーザーはスキップできないため、広告を最初から最後まで観てもらうことができます。

イメージアップやブランドの周知に長けているのが特徴です。


パーソナライズド広告

ユーザーの好みや興味に合わせて表示されるタイプの広告です。

ネット検索などで閲覧したWebサイトの商品やサービスに近いものが表示される傾向があります。

仮にスマホの新商品をチェックした場合、様々なブランドのスマホや携帯電話会社の広告が表示されるというものです。

ちなみにパーソナライズド広告は、YouTubeの子ども向けコンテンツには表示されません。

YouTubeパートナープログラムの参加者に限り、パーソナライズド広告の無効化設定も可能です。


ノンスキッパブル広告

YouTubeの動画内で配信される広告の一種です。

最大で15秒間の視聴時間で作成され、視聴者は最後まで広告を観る必要があります。

一定の情報が伝えられるメリットを持つ一方、視聴者からのイメージを貶めるリスクも含む諸刃の剣です。


 

Youtube広告とえいえど種類は豊富にあります。

それぞれの特性を理解し、タイプ別に沿った広告手法で活用してみるとよいでしょう。





bottom of page