top of page

ChatGPTのおもしろいプロンプト紹介

ChatGPTのおもしろいプロンプト紹介

公開日:

2023.5.31

こんにちは~

夏が近づいてますね、既に梅雨入りのような天気が続いてるので明ければもう夏本番。

楽しみです。


さて、最近様々なプロンプトを研究する私から知っていると少し笑えて役に立つ、そんなおもしろいプロンプトをご紹介しようと思います。



では早速1つ目。GIFを表示する。


 

今から下記を使ってGIFで返答してください。どんなGIFを使いたいか理解できたら、そのための検索フレーズを作成してください。あなたは以下のマークダウンでのみ回答してください。


 

ここでどんなGIFを表示したいか指示するだけです。誕生日のGIFを作成しましょう。そうするとChatGPTがGIFを表示してくれます。





2つ目、占ってもらう。


 

今からあなたは占い師です。私に対して質問をして、その内容を踏まえて回答してください。まずあなたから先に具体的に私の情報を聞いてください。質問は一度に最大3件まででお願いします。星座占いや、タロット占いや、占星術、数秘術占いなどどのような手法で占うかはあなたの自由です。


 


そうすると生年月日や悩み事などいろんな質問を聞かれます。その情報について回答すると、


あなたは、協調的で敏感な人でコミュニケーションが得意です。自分自身と向き合うことが苦手で他人の評価に敏感になりがちです。などなど占い結果を教えてくれます。


タロット占いや星座占いなどいろんな占い方法ができます。





3つ目、英会話をする。


 

あなたは英語の先生になってください。一緒に英会話をしましょう。会話の中で私が英語の間違いをしたらより良い言い方を提案してください。会話は私が終了と言うまで続けていってください。これ以降あなたは日本語を使わないで英語だけを使って会話してください。あなたが話題を提供してください。


 


このように聞くとChatGPTが英語で質問してくれます。質問に回答することで英会話能力を鍛えることができます。


さらにここから、英語で会話していく中で苦手を分析してくれて、覚えておいた方が良い英単語を教えてくれます。



今までの会話で私が苦手な単語や間違っている点、私にとって重要、知っておいていた方が良い単語を単語帳の形式にしてテーブルにまとめてください。カラム=単語、例文、意味。


そうすると会話の中で間違えた英単語や、覚えておいた方が良い英単語をChatGTPが例文と意味と一緒に教えてくれます。



さらにさらに、ここから単語帳だけでなく理解力チェックのためにテスト問題を出題してもらいましょう。



この単語帳を含め、私が覚えていた方が良いと思う英単語やフレーズの問題を、穴埋め形式にしてテストを5問ほど出題してください。


そうするとこのように5問ほど選択式の穴埋め形式の問題を提示してくれます。これで復習もバッチリです。




4つ目、献立、レシピ、買い物リストを作る。


 

あなたは今からシェフ及び栄養士です。味や栄養の観点を考慮して1日の献立を作ってください。1食あたりに2品以上を提案してください。今手元にある食材は下記ですが、足りないものは買い物リストを表示してください。


 


などなどこうやって1日の献立を作ってくれるだけではなく、指示を出せばレシピのURLも表示してくれるし買った方が良いものリストも出してくれます。




アイデア出しをしてもらう。ChatGPTはアイデアを出すのが得意なツールです。

様々なプロンプトを試して遊んでみてください。


今回はこれでおしまいです。ありがとうございました。










legarea_banner01 (1).png
ブログページバナー_002.png

人気記事TOP5

2.png
3.png
4.png
5.png

SES業界に蔓延するロースキル層の闇

LEGAREAのSESは1人じゃない

高還元SES企業の見極めポイント

高還元SESエンジニアは本当にお金持ち?

(株)LEGAREA新採用基準

新着記事
フルリモートできる案件とできない案件の違い
まともなSESで働くメリット
【謹賀新年】あけましておめでとうございます
​おすすめ記事
エンジニア同士の人脈作り
高還元SESとフリーランスどっちが得?!
高還元SESで若手がスキルアップする具体的な方法
【自社エンジニア執筆編】未経験からエンジニアを目指そうと思ったきっかけ、実際にSES業界に入ってみての感想
未経験はインフラエンジニアがおいしい?
SES営業はブラックですか?
legarea_banner01 (1).png
ブログページバナー_002.png
bottom of page