top of page

エンジニアがコードを書かない時代?!

エンジニアがコードを書かない時代?!

公開日:

2023.12.5

みなさんこんにちは、代表のみっちーです。最近久々にエンジニア業務に携わる機会があり、毎日がより楽しく過ごしています。


知らないことを吸収するのはとてもすきです。開発ではなくインフラ側ですが少しずつ勉強していきます。


テクノロジーの進化は世界を根本から変えており僕もついていくのがやっとです。SES業界に長くいると毎年、毎月変わる案件概要に時代の流れの速さを感じざるを得ません。特に、コードを書かないエンジニアリング、すなわち「ノーコード」や「ローコード」のプラットフォームが注目されるようになりました。このブログでは、エンジニアがコードを書かない時代の到来に対する危機感と、それに対する対策について詳しく見ていきます。





弊社採用ページ




 

コードレス時代の到来


 

ノーコード/ローコードプラットフォームは、プログラミングの専門知識がなくても、アプリケーションやシステムを構築できるように設計されています。これにより、ビジネスプロフェッショナルや非技術者が直接技術的な問題に取り組むことが可能になります。


■メリット

スピードと効率: これらのプラットフォームは迅速な開発を可能にし、企業が市場に出るまでの時間を短縮します。

アクセシビリティ: 非技術者でもデジタルソリューションを構築できるため、より多くの人々が技術開発に参加できます。

コスト削減: 伝統的な開発プロセスに比べてコストが低いため、小規模企業やスタートアップにとって魅力的です。



■デメリット

カスタマイズの限界: 高度なカスタマイズや特定のニーズに対応するのが難しい場合があります。

依存性のリスク: 特定のプラットフォームやツールに過度に依存することで、将来的な問題が発生する可能性があります。

セキュリティの懸念: オープンソースや共有コードを使用する際には、セキュリティリスクが高まる可能性があります。

エンジニアにとっての影響

コードレス時代の到来は、エンジニアにとって脅威ともなり得ます。従来のコーディングスキルの重要性が低下する可能性があり、これによって職務内容やキャリアパスに変化が生じるかもしれません。



 

いまできる対策


 

新技術の習得: クラウドコンピューティング、AI、データサイエンスなどの新しい技術を学ぶことが重要です。


ソフトスキルの強化: チームワーク、リーダーシップ、コミュニケーション能力など、技術以外のスキルの強化も必要です。


専門知識の深化: 特定の技術領域や業界における専門知識を深めることで、市場価値を高めることができます。


アジャイルな思考: 変化に迅速に対応し、新しいアイデアやアプローチに柔軟に取り組む姿勢を持つことが大切です。



 

ケーススタディ


 

成功事例: いくつかの企業は、ノーコードプラットフォームを活用して迅速に市場に製品を投入し、大きな成功を収めています。例えば、特定の業界に特化したアプリケーションの開発などです。

失敗事例: 一方で、カスタマイズの限界やセキュリティの問題に直面し、伝統的な開発方法に戻った事例もあります。




 

まとめ


 

ノーコード/ローコードの時代は、エンジニアリングの分野に多大な変化をもたらしています。しかし、これを単なる脅威と捉えるのではなく、新しいスキルを習得し、適応することで新たな機会を掴むことが重要です。技術の進化に伴い、エンジニアの役割も変化していくでしょう。


※この記事はChatGPT4で作成しました。

legarea_banner01 (1).png
ブログページバナー_002.png

人気記事TOP5

2.png
3.png
4.png
5.png

SES業界に蔓延するロースキル層の闇

LEGAREAのSESは1人じゃない

高還元SES企業の見極めポイント

高還元SESエンジニアは本当にお金持ち?

(株)LEGAREA新採用基準

新着記事
フルリモートできる案件とできない案件の違い
まともなSESで働くメリット
【謹賀新年】あけましておめでとうございます
​おすすめ記事
エンジニア同士の人脈作り
高還元SESとフリーランスどっちが得?!
高還元SESで若手がスキルアップする具体的な方法
【自社エンジニア執筆編】未経験からエンジニアを目指そうと思ったきっかけ、実際にSES業界に入ってみての感想
未経験はインフラエンジニアがおいしい?
SES営業はブラックですか?
legarea_banner01 (1).png
ブログページバナー_002.png
bottom of page