top of page

働き方改革宣言!!【高還元SES企業】

働き方改革宣言!!【高還元SES企業】

公開日:

2023.11.06

みなさんこんにちは、代表の三坂です。

11月だというのにどんだけ暑いんですか!裏起毛のパーカーで汗だくです。


本日は、タイトルにもある通り、働き方改革宣言という大きなテーマのお話をしたいと思います。


かつてエンジニアの労働環境は、


・労働時間が長い

・徹夜が当たり前

・帰れない

・きつい

・離職者大量発生


というどうしようもない状況でした。


一部企業ではいまだにこういった文化が根深く残っている会社があるかもしれません。


2015年あたりから台頭し始めた新SES企業ではこういった環境を改善しよう、というところから始まっています。


もちろん我が株式会社LEGAREAも【エンジニアの働き方を再設計する】をミッションに、労働環境の改善につとめています。


では、具体的にどんな対策をして労働環境を健全にしていますか、というお話です。



 

①案件選択の自由


 

この制度は、エンジニアに参画したい案件を選ばせる制度ですが裏の目的には、労働環境の改善もあげられます。


SESの特性上、現場リーダーとの面談を実施してから案件に参画するわけですが、その面談の場では、現在の現場の様子やスケジュール、参画後の仕事のイメージが伝えられます。そのうえで案件参画か否かを選択する流れです。


つまり、よほど自分が好んで選択しない限り、炎上しているような、残業がとっても発生しているような現場には行きようがないのです。


現に、弊社のエンジニアのみんなも残業している子はほとんどいません。リリース前くらいです。


100%案件選択の自由制度は、自分の労働環境を守るためでもある、ということですね。









 

②週報の徹底


 

現場参画後、稀にやむを得ない事情で一時的に稼働が上がる場合があります。その際も弊社の場合では即時対応、具体的には現場の会社にすぐ注意喚起できるような体制を整えております。


毎週金曜日の業後に弊社では週報の提出をお願いしています。そこで現場での作業内容や、稼働時間を確認し、気になる点があればすぐにエンジニアと連携を取り事実確認につとめます。


他のSES企業では本社との絡みを全くなしとするSES企業も存在しているようですが、弊社は真逆です。それは労働環境を守るという観点や採用や、帰属意識の観点だったり多くの要素を含んでいます。自社との絡みを嫌がるSESエンジニアの方は弊社とは絶対にマッチしません。


週報の提出を義務付け労働環境が荒らされていないか常に目を光らせる会社がLEGAREAです。





 

まとめ


 

労働環境を健全にするためには上述した以外にも営業の”気配り”が重要だとも思っています。会社としてできる対策は十分に行いますが、あとは担当営業がどれだけエンジニアを思って働けるかどうかはミソです。


弊社の営業は無責任な人間では務まりません。責任感が強く、当事者意識を高くもてる営業メンバーが弊社にはそろっています。


弊社の営業部の体制は自信をもっていますので、いまだに過酷な労働環境から抜け出せていない方はぜひ弊社のHPをチェックしてみてくださいね↓





legarea_banner01 (1).png
ブログページバナー_002.png

人気記事TOP5

2.png
3.png
4.png
5.png

SES業界に蔓延するロースキル層の闇

LEGAREAのSESは1人じゃない

高還元SES企業の見極めポイント

高還元SESエンジニアは本当にお金持ち?

(株)LEGAREA新採用基準

新着記事
フルリモートできる案件とできない案件の違い
まともなSESで働くメリット
【謹賀新年】あけましておめでとうございます
​おすすめ記事
エンジニア同士の人脈作り
高還元SESとフリーランスどっちが得?!
高還元SESで若手がスキルアップする具体的な方法
【自社エンジニア執筆編】未経験からエンジニアを目指そうと思ったきっかけ、実際にSES業界に入ってみての感想
未経験はインフラエンジニアがおいしい?
SES営業はブラックですか?
legarea_banner01 (1).png
ブログページバナー_002.png
bottom of page